鉛電池バッテリーの再生液『C・C・B』の販売・輸出を行っております。



バッテリー再生液とは

『C・C・B』は “Cell Coating Battery” の略。バッテリーの寿命を延ばすロングライフ剤です。

電動フォークリフトなどの高価な大型バッテリーの買替時にかかる経費を大幅に削減します。

有機ポリマーを主原料としており、100%オーガニック&生分解性。

人体や動物への影響は一般食品と同じ水準ですので安全です。



効果

◆劣化原因を解消し、性能を長期的に維持する

バッテリーの劣化、電極板の崩壊・損傷等のおもな原因である、「サルフェーション(充放電時に発生した硫酸鉛が電極板に付着し、固い結晶となる現象)」「脱落(二酸化鉛が剥がれ落ちる現象)」を解消し、バッテリーの性能を維持します。

◆電極板をコーティングし、寿命を延ばす

電極板を被膜でコーティングすることで、新たに発生する「サルフェーション」「脱落」を防ぎます。その結果バッテリーの劣化が抑制され、寿命が延びます。『C・C・B』を注入することで、劣化したバッテリーの性能が復活します。

未使用のバッテリーはもちろん、使用中のバッテリーにも効果的です。

※バッテリーの内部が破損したものは復活できません。



バッテリーのおもな劣化原因

バッテリーの耐用年数は、10~12年と考えられています。しかし、使用状態によりますが、実際の使用年数は1~6年間(平均4年間)ほどです。なぜこのように大きな差が出るのでしょうか。主な原因はサルフェーション脱落にあります。



[マイナス極板]
サルフェーション

充放電時に発生する硫酸鉛が
マイナス極板に付着を繰り返し、
固い結晶となる現象。硫酸鉛は
電気を通さず抵抗となるため、
効率的な充電サイクルができず、
電圧低下などの原因を
引き起こします。

[プラス極板]
脱落

プラス極板の二酸化鉛が、
放電を繰り返すにつれて、
徐々に剥がれ落ち、
反応効率が低下します。



使用可能な時間が
短くなる

硫酸鉛の付着によって、マイナス極板の
露出する面積が狭くなると、充分に充電が
できず、短時間で充電を完了するため、
定格電圧まで達することができません。
その繰り返しによって、充電回数が
増加し、使用時間が短くなります。

電解液の比率が低下

正常なバッテリーの基準となる比重は
1.28ですが、劣化したバッテリーを測定
した場合、1.25以上にあがらないなど、
電解液の比重が低下します。
(液温20℃で測定)

精製水の
補充頻度が増加

充放電時に、電極と電解液の温度が
上昇して、電解液が蒸発するので液面低下
が早くなります。その結果、
精製水の補充頻度が増加します。



動画

『C・C・B』の効果をご覧いただけます。

TOPにもどる