Smart
スマート

AERO
エアロ

』- 電気料金の仕組み

高圧電力(50kW以上)をご利用の場合、電気料金は「基本料金」と「電力量料金」の合計金額となっています。



電気料金の仕組み

※ 実際は、上記以外に「燃料費調整額」や「再生可能エネルギー発電促進賦課金」等が含まれますが、ここでは主となる2項目のみを記載しております。

図4.1 電気料金の仕組み

◆基本料金

「基本料金」は、「契約電力」に「基本料金単価」を掛けた値になります。

料金算出の基となる「契約電力」は、当月を含む過去1年間の各月の最大需要電力のうちで最も大きい値を採用します。



契約電力の決め方

図4.2 契約電力の決め方 (出典:東京電力)



表4.1 契約電力の変遷

X年 Y年
7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月
当月の最大需要電力
(kW)
60 63

最大値
更新

65

最大値
更新

59 57 57 61 60 58 56 57 58 59 58 57
過去11ヶ月の
最大需要電力のうち
最も大きい値 (kW)
- 60 63 65 65 65 65 65 65 65 65 65 65 65 61
当月の契約電力
(kW)
60 63

*1

65

*2

65

*3

65 65 65 65 65 65 65 65 65 65 61

*4

基本料金 *5 \101,088 \106,142 \109,512 \102,772
*1

X年8月の契約電力は、前月の需要電力より大きいので、63kWが当月の契約電力となります。

*2

同様に、X年9月の契約電力は同月の最大需要電力である65kWとなります。

*3

X年10月からY年8月の期間は、過去1年間における各月の最大需要電力を比較し、
その中で最大であるX年9月の最大需要電力(65kW)が契約電力となります。

*4

Y年9月の契約電力は、過去1年間における各月の最大需要電力を比較し、
その中で最大であるY年1月の最大需要電力(61kW)が契約電力となります。

*5

基本料金単価を1,684.8円とした場合。

つまり、契約電力を下げる事ができれば、毎月の基本料金は安くなります。

◆電力量料金

「電力量料金」は、「電力使用量」に「電力量料金単価」を掛けた値になります。

「電力量料金」は、当月に使用した電力量に応じて請求されるので、節電した分がそのまま電気料金の節約に繋がります。

TOPにもどる